ホーム / お薬レポート紹介 / 【万能!?】抗生物質≪メイアクト≫

【万能!?】抗生物質≪メイアクト≫

「mao」様(35歳、女性)からの体験談です。

今回は、抗生物質について。

抗生物質は、病院でのみ処方してもらえる薬です。
添付文書等を読むと、主に炎症や、化膿など、細菌に関する薬ということがわかります。

このときの処方をしてもらうまでの経緯として、当時私は数日前から扁桃腺あたりのひどい腫れを感じて近所のドラッグストアに来ていました。
いつもなら、ほっとけば治るだろう派の私ですが、今回はほっといても治る気配がなかったのです。
病院の事務をしており、若干の薬に対する知識もあることから、最初から抗生物質を購入したくて来店していました。
高くついてしまいそうな病院代をけちっていたのです。笑

ないな~と思いながら、2,3件のドラッグストアを巡りましたがみつからなかったので、あの薬剤師っぽい店員さんに話しかけました。

お分かりかと思いますが「ないです」の回答。
普通の風邪薬を勧められましたが、断って帰りました。

ここで少し私の知る範囲での抗生物質について。
常用は好ましくないとされる抗生物質ですが、どうしてもの時にはこれしかないなと思います。
好ましくない原因として、薬の効き目が薄れてくる場合があるためかと思われます。
幼いお子様をお持ちのお母様方が、お子様の風邪を早く治すために抗生物質を希望される方などよく拝見いたしますが、あまりお勧めできません。
もし、お子様が成長されて、本当に抗生物質が必要な病気にかかってしまった時に後悔するかもしれませんので。
風邪を治す方法は他にもありますので、無理に処方してもらわずに、医師の指示に従って治療するのがいいと思います。

とはいえ扁桃腺の晴れがひどく、顔がふくれあがって恥ずかしい顔の私・・・仮にも女性ですし。
翌日病院で処方していただきました。
私は幼少期におたふくにまだかかっていなかったので、ひやひやしながら診断していただきましたが、今回は風邪とのこと。
医師の指示通りに服用をはじめました。

服用を終える頃には頬の腫れもすっかりひきました。一安心です。

そんなかんじで、平成26年最初の治療のお話でした。

※記事の内容はあくまで「個人の感想」です。薬効を実証するものではありません

著者について: