ホーム / お薬レポート紹介 / レンドルミンという睡眠導入剤【レンドルミン】

レンドルミンという睡眠導入剤【レンドルミン】

「リョータ」様(30歳、男性)からの体験談です。

私は昔、不眠症だったのですが、一度、治ってから、しばらくしてまた少し発症しました。

その時にまた心療内科の方へ行くと、このレンドルミンという睡眠導入剤が処方されました。

1~2年ほど使用しました。比較的軽い睡眠導入剤で、昔飲んでいたから耐性が付いていて効かないのではないか?という恐れはありましたが、耐性というのはやはり抜けるものなのですね。

1錠飲んで眠りについたところ、朝起きた時にはフラフラして、その日一日眠気が取れませんでした。

つまり、強烈に効き過ぎたということです。

なので次の日は半錠に分けて飲みました。(このお薬は真ん中に線があり、手で簡単に半分に分けることが出来ます)

すると、翌日のフラフラ感はまだ残りましたが、そこまで日中の眠気は残りませんでした。

このクスリの良いところは他の睡眠導入剤と比べて高揚感などの作用が少ないところです。

他の睡眠導入剤では、飲んだ後に高揚感が高まり、余計なこと(冷蔵庫をあさったり友達に電話をしたり)をして、翌日思い出して後悔するようなことがありましたが、このレンドルミンというクスリはそういった作用がありません。

なので飲んだ後は横になり、次第にまぶたが重くなり、自然に眠ることが出来ました(しかし人によって効果は違うと思います)

このクスリのおかげでまた眠れるようになり、安眠が出来るようになりました。

そして、昔は睡眠薬依存症に陥ってしまったのですが、その事を改めて、薬を飲まなくても眠れるようにじょじょに薬を減らしていき、上手に薬と付き合うことが出来ました。

睡眠薬は、上手に付き合わないと薬に自分が支配されてしまい、「これがないといけない」というふうになってしまいがちです。

しかし今回は過去の過ちを改めて薬に支配されることなく上手に付き合っていき、次第に無くても眠れるようになりました。

この睡眠導入剤は比較的安全な睡眠導入剤と感じます。

睡眠薬を飲んだことが無い人はこの薬から試していくのが個人的には良いかと思います。

※記事の内容はあくまで「個人の感想」です。薬効を実証するものではありません

著者について: